デザイン

[色が持つイメージとは?]色が持つイメージとその効果について色ごとに解説

 

もか

こんにちは、もかです。


今回は、色の持つイメージやその効果について解説します。


色にはそれぞれの色ごとに人に与えるイメージや効果が違います。


それぞれの場面に合わせてうまく使うことで、相手に良いイメージを与えさせることができるようになります。


今回は、そんな色について解説していきたいと思います。

赤色の持つイメージ・効果


赤色には、エネルギー生命力感じさせることができます。


また、元気が欲しい人や自分をアピールしたいときなどに、赤が好かれやすいです。


赤色は購入色ともいわれ、商品の広告などでよく使われています。


また赤は暖色の代表的な色で、温かさを感じさせることができ、赤色で囲まれた部屋では体感温度が3℃上がるとも言われています。

イメージ1
  • 興奮
  • 生命
  • 活動
  • 情熱

 

イメージ2
  • 怒り
  • 暴力
  • 警戒
  • 破壊


青色の持つイメージ・効果


青色には 涼しさや爽やかさ、知性、冷静さを感じさせます。


青色には心身共に落ち着かせてくれる効果があり、興奮しているときなどに青色を見ると落ち着くことができ、冷静に物事を見ることができるようになります。


また、青色には集中力をサポートしてくれる効果があり、


長時間集中したいときになどに、周りに青色を置くと集中しやすくなります。

イメージ1
  • 爽やか
  • 安全
  • 冷静
  • 誠実
  • 清潔
  • 若い
  • 開放感
  • 空や海・川・水
  • 宇宙
  • 地球

 

イメージ2
  • 悲哀
  • 冷たい
  • 孤独

 

黄色のの持つイメージ・効果


黄色には、気分を明るくしたり楽しい気分にしてくれる効果があり、


強い希望などの感情を持っている人などに好かれやすい傾向があります。


他にも黄色は注意を促す警戒の色でもあるので、交通表式などによく使われている色です。

イメージ1
  • 明るい
  • 楽しい
  • 好奇心
  • 向上心
  • 幸福
  • 軽快
  • 陽気

 

イメージ2
  • 危険
  • 注意
  • 注意
  • 注目

 

緑の持つイメージ・効果


緑には興奮を抑えたり集中力を促す効果があり、心身共にリラックスさせ安心感を与えさせることができる色です。


緑は暖色でもなく寒色でもない中間色で、一番刺激の少ない色とされています。


緑は自然に多い色で自然が持つ癒しの効果があり、また成長や健康をイメージさせる色です。

イメージ1
  • 穏やかさ
  • 調和
  • 自然
  • 平和
  • 安全
  • 健康
  • 植物

 

紫の持つイメージ・効果


紫は興奮の赤と、冷静の青が混ざり合った色でとても複雑な色です。


そして、紫は赤と青のように心がぶつかり合って混乱しているときに心のバランスを整えてくれる色でもあります。


紫には全般的に上品や高貴なイメージがあり、ほかの色とのバランスに気をつければ印象に残りやすくすることができます。

イメージ1
  • 高貴
  • 優雅
  • 上品
  • 魅力的
  • 神秘府
  • 二面性中性

 

イメージ2
  • 不安
  • 不安定
  • 霊的
  • 非現実的

 

オレンジの持つイメージ・効果


オレンジは赤と黄色のいいところだけをとってきたような色で、 楽しい気持ち陽気な気持ちにさせてくれるような効果がある色です。


食欲を促す効果が期待でき、食欲が出ないときなどに食卓にオレンジ色のものを置くといいそうです。

イメージ1
  • にぎやか
  • 楽しい
  • 喜び
  • 活発
  • 陽気
  • 温かい
  • 自由
  • 好奇心
  • 明るい

 

ピンクの持つイメージ・効果


ピンクには、柔らかい・優しい・女性的などのイメージがある色で、女性を対象としたものによく使われています。


恋をしているときや、幸せで満ちているようなときにピンクが好かれることがあります。


また、ピンクは人を思いやる温かい優しさを与えてくれる色です。

イメージ1
  • 幸福
  • 女性
  • 愛情
  • 可愛いらしさ

 

白の持つイメージ・効果


白色は、清潔感などを連想させる色です。


清潔感をイメージさせたい場所で使うと効果的で、飲食店などで使われることもある色です。


また、ほかの色と同時に使用してもあまり色同士がぶつかることがなく、とても使いやすい色です。

イメージ1
  • 潔白
  • 清潔感
  • 神聖
  • 純粋
  • 正義

 

イメージ2
  • 謙虚
  • 病院

 

黒の持つイメージ・効果


黒には高級感があり、ゴールドよりも高い高級感があります。


そして、黒には暗闇のような死や恐怖を感じさせる色でもあり、お化け屋敷では黒が良く使われています。

イメージ1
  • 高級感
  • クール
  • 重圧感

 

イメージ2
  • 暗闇
  • 恐怖
  • 威厳
  • 不吉

 

茶色のイメージ・効果


茶色は自然を想像させ、大地や木のようなどっしりとした雰囲気がある色です。


茶色は安定の色でもあります。


地味な繰り返しの作業などを長時間やる時に茶色のモノを視界に取り入れることで作業がはかどります。

イメージ1
  • 安定
  • 自然
  • 安心さ
  • 穏やかさ
  • 堅実さ

 

灰色の持つイメージ・効果


灰色には落ち着いた雰囲気洗練されたイメージを持っています。


その方で、地味な印象を持たせることもあり、派手な人などにはあまり好かれない印象があります。


ただ、灰色は自己主張をあまりしない色で、回りの色を引き立ててくれる効果があります。

イメージ1
  • 穏やか
  • 落ち着き
  • 先練
  • 大人
  • 真面目

イメージ2
  • 地味
  • 寂しさ
  • 不安
  • 無機質
  • 迷い

 

まとめ


今回は、それぞれの色がもつイメージや効果について解説しました。


皆さんも、色を効果的に使ってみてくださいね!!


この記事が少しでも役に立てたら嬉しいです。

もか

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

もか
13歳、中学2年生ブロガー。 webプログラミングの事やブログについてなど、その他にもいろいろなことを初心者目線で発信!! 毎日いろいろなことにチャレンジ!
\ Follow me /